忍者ブログ

今現在プレイしているオンラインゲーム FinalFantasy XIV と、 以前プレイしていた FinalFantasy XI をメインに取り扱っています。

きまま日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そしてランク6へ

飛空艇を取って以来、ず~っと放置していた自国ミッションですが
先日、ついにランク6になってきました。
これでジラートミッション解禁です。

空、早く行けるようになりたいですなぁ。

---

LSメッセージで、土曜の夜ミッションをすることが書かれていたので
50制限用装備、通常装備、AF一式を鞄に詰め込んだら
いっぱいいっぱいになっちゃいました。

もう、装備は袋と別枠で管理して欲しいというか、無限に持てるようにしてください。
ファンタジーなんだから持ててもいいじゃない!
重量の概念も無いですしねぇ。

そんなこんなで集まった面子はバストゥークRANK5が5名と、ウィンダスRANK5が一名。
ウィンダスな方は骨BCまでは終わってるみたいなので、骨BCも手伝ってもらっちゃいました。

50制限ということもあり、いける面子で出せるジョブはほぼ一択。
忍/戦、モ/忍、暗/忍、青/白、白/黒、黒/白
という構成で骨BCに挑んできました。

雑魚骨(戦士タイプ)はひたすら沸いてくるらしいので、
ボスのデカい骨を集中して叩くという作戦でやってきました。

骨はスリプルでは寝ない、詩人がいないので達ララもありません。
というわけで、青のシープソングがいい感じに効いていたようです。

戦闘開始後に百烈拳を発動させて、ガシガシ殴っている間に終わっちゃいました。

その後は各自自国に戻り、RANK5の最終ミッションを受けてから
再度テレポヴァズでザルカバードへ。

闇王はレベル制限が掛からないらしく、非常に楽と聞いていたので若干安心です。
(75が2名いますしねぇ)

75な自分とジョリはボスのところまで一切絡まれる敵がいなかったので、
移動は非常に楽でしたねぇ。
他の人たちはインスニ掛け直しが非常に面倒そうではありましたがw

途中途中に扉があるので、全員が絡まれるレベルだと
そのたびにインビジを切って、敵を倒してから扉の先を進む
とかやる羽目になるので相当時間が掛かるかもなぁ、と思いました。



闇王は第一形態と、第二形態があって
第一形態の時は、物理無効状態と魔法無効状態が交互にあります。
うって変わって第二形態の時は、ひたすら範囲攻撃。

第一も第二も危なげな場面は特に無く…。
第二形態の〆はちゃっかり頂いておきました!
Goldinは、夢想阿修羅拳の構え。
Goldinのためる→Goldinの攻撃力アップ。
Shadow Lordは倒れた。
Goldinは、夢想阿修羅拳を実行。
→Shadow Lordに、1063ダメージ。
倒れた、ってことはとどめはスリップなのかもしれませんが、最後の攻撃ってことでひとつ・・・w

倒した後、プチエンディングっぽいメッセージを見、
各自自国で報告後、全員がRANK6になることが出来ました。

ジラートミッションも、プロマシアミッションも
こんな感じで徐々に、一歩一歩進めて行きたいなぁと思ったのでした。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

Calender

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Profile

FFXIV PROF
Sam Goldin
セルビナ鯖
LS:NyagomiDeWA

ドードー先生

FFXIキャラ


2008.06.03

Newest Comment

Trackback People

FF14 Trackback People

Counter

Copyright

Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
<<きょうCooはダブルも出張したいなぁ(BlogPet)  | HOME |  ザ・出張 リターンズ>>
Copyright ©  -- きまま日記 --  All Rights Reserved
| Admin | Write | Comment |
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]